いろいろな折り紙

折り紙で簡単に折れる【ひな人形】子供でも簡単に作れますよ~♪

 

こんにちは(^O^)♪ tokoです。

 

折り紙で「ひな人形」を作ってみませんか?

 

3月3日と言えばひな祭りですね。

「桃の節句」とも言われています。

 

旧暦の3月3日は桃の花が咲く時季だったので

「桃の節句」とも言われているんです。

 

ひな祭りの由来を調べてみました。

 

もともと中国で、川で身を清めて災いを流す風習がありました。

平安時代に伝わった時に、人形に悪いことを背負ってもらって

川に人形を流す「流し雛」となりました。

同じ頃子供達の間で、紙の人形で着せ替えをしたり、

ままごとをする「ひなあそび」が流行ってました。

儀式と遊びが一緒になって「ひな祭り」になったんです。

 

年齢や性別に関係なく、全ての人の災いを払うものが

人形もだんだん豪華になっていって

だんだん女の子の日になっていったんですね。

 

 

そんなひな人形を、子供と一緒に作ってみませんか?

折り紙苦手な人でも、子供にも作れますよ。

 

簡単な折り方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

では作り方です。

 

【とても簡単なひな人形】作り方

折り紙を1枚使います

裏にして、大体1/3くらいの所を折ります。

縦に1/3くらいの所をおります。

向きを変えて、黒線を後ろに折ります。

出来上がりです。

顔を書いておだいり様の完成です。

おひな様は赤線を後ろに折って、顔を書いて完成です。

おだいり様には「しゃく」

おひな様には「扇」

持たせてあげると素敵なひな人形になりますね。

絵が下手ですみません 笑

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

一番簡単な折り方です。

子供でも簡単に作れるでしょう。

 

「○○ちゃんが健康で大きくなれるように

一緒にひな人形を作ろう~♪」

なんて言って一緒に作ってもいいですね。

 

作ったひな人形と一緒に

みんなの健康を願って

おいしい料理食べてくださいね~♪