生活

ネットビジネス初心者の挑戦!人生初のセミナー参加

 

こんにちは(^O^)♪ tokoです。

 

ネットビジネス初心者のど素人がなぜネットビジネスに挑戦したのか。

ネットビジネスを始めるにあたって何をすればいいのか。

私が行ってきたことを綴っています。

前回までの話

 

スポンサーリンク

 

師匠の存在

ネットビジネスの成功を夢見て

・メルマガ登録

・無料ブログ開設

・投資

・YouTube動画公開

これらの事をやってきました。

 

どれも上手くいかず、とある女性のサイトにたどり着き

もしかしかしたらこれはいけるかも

そんな期待でサイトを読みあさりました。

 

女性には師匠がいた

やっぱり成功するためには

独学では無理なんだなぁ〜

 

私は自力で成功への道を歩もうと思ってましたが

色々な事をやっていくうちに

独学では時間がかかってしまう。

成功するかもしれないけど、ものすごく遠回りなんじゃないか。

やっぱり「成功への道」へと導いてくれる師匠の存在は必要なんだ

 

うすうす感じてました。

でも、誰についていけはいいのかわかりませんでした。

 

私は、女性のサイトにたどり着いて

この人について行こう

そう思いました。

 

でも・・・

 

今まで衝動買いのように、決める時は即決してきたんですが、あまり上手くいかなかったので

 

待て待て 本当にいいのか?

もう少し様子を見たほうが?

お金もかかるぞ

 

はやる気持ちを抑えて、どうしようか慎重に考えていました。

 

 

メルマガから 返信して見る

 

女性のサイトからお仲間の方のメルマガも登録してました。

 

その方はメルマガの文章が優しくて、安心できる感じの方だったので

この人だったら聞いてみてもいいかなぁ〜って

思い切ってメルマガから返信して見ることにしました。

返信しょうと思うまでも時間かかったんですけどね 笑

 

返信なんてした事がなかったので、返信するまでもドキドキです。

返事が返ってくるのか待ってる間もドキドキでした。

 

初めてのセミナー

ちゃんと返事が返ってきました。

優しい返事でホッとしました。

 

何度かメールのやり取りはさせてもらってました。

そんな時メルマガで、セミナーがあると書いてあったんです。

 

えっ‼︎セミナー〜〜

 

行ってみたいけど、お金もかかるし、ちょっと怖いし・・・

 

そんな気持ちもあったけど

 

どうしてもネットビジネス成功させたい

このチャンスを逃したら成功できないんじゃないか

騙されてもいい

 

思い切ってセミナーに参加することにしました。

 

みんな実在する人だった

セミナー会場は東京飯田橋

東京なんて何年ぶりだろう

学生時代以来かも 笑

 

飯田橋なんて行った事ないし、方向音痴なのでたどり着けるか不安でしたが、無事到着できました 笑

 

部屋の中には

目の前に、動画で見ていた女性の師匠が・・・

私がメルマガでメールのやり取りした方もいる

 

実在する人だった。

 

当たり前だけど、不思議な感じです。

まるで芸能人に会ったような感覚で

夢なのか現実なのかわからなくなりそうでした。

 

セミナーを聞いて

 

ワンクリックで100万円

 

こんな事は存在しない。

魔法のような事はない。

 

そうはっきり言われて、自分でも存在しないと思っていたけど

どこかで魔法を探してる自分もいて

本当に無いんだなぁ〜

って思ってました。

 

 

趣味ブログをコツコツ育てていく事が大事

コツコツ作業を続けていけるか

 

続けてた人が成功する。

成功するには他にもやる事はあるけど

毎日1記事書けるか?

これが基本なんだとわかりました。

 

100記事が1つの目安

100記事書いて色々わかってくる

 

当たり前ですが、成功するには大変なんだって事がわかりました。

成功するために私も頑張ろうって思いました。

 

最後に

今までアフィリエイトで稼ぐ事しか知らなかったので、毎日1記事書くなんて考えていませんでした。

アドセンスを取るのに20記事程書いて、アドセンス取れたらアフィリエイトのリンク貼って紹介した商品を売る。

このぐらいの知識でした。

ただ、自分で買った事のない商品の紹介して、簡単に商品が売れるわけないし、お客さんを騙すような事はしたくないと思ってました。

 

自分の好きな事や趣味ブログを書いて育てるなんて、すごく素敵な事です。

魔法は無いけど、一石二鳥に成功出来るなら、世の中の人はみんな成功してますよね 笑

努力して絶対成功したいって気持ちが増しました。

 

これから本当の意味の私の挑戦が始まります。

 

つづく