エクセル

エクセルで金額の後ろに横棒(ハイフン)を付けたい!エクセル機能でつけられるよ~♪

 

こんにちは(^O^)♪ tokoです。

 

金額の後ろに横棒「ハイフン」つけたい。

どうやって付ければいいのか分からない

エクセル機能でつけられないかなぁ~って思ってるあなたに

 

金額の後ろに「ハイフン」を付ける設定の方法を説明します。

知らない人は参考にしてね。

スポンサーリンク

 

ハイフンをつけたいセルをクリック

 

ハイフンつけたいセルをクリックしてね。

赤枠にハイフンをつけていきます。

 

セルの書式設定から設定する

セルの書式設定を表示させます。

上にあるメニューバーから、ホームをクリックしてフォントの右角の印をクリック。

 

マウスを右クリックしても出てくるよ。

右クリックするとこんな画面が出てくる。

出てきた中から、セルの書式設定をクリック。

セルの書式設定がでてきたでしょう(^^ )

 

表示形式

上から表示形式をクリック。

分類ーユーザー定義

左側の分類からユーザー定義をクリック。

 

種類

右側の種類から

\#,##0;[赤]\-#,##0

これを探してクリック。

見つからなかったら、右側のスライドバーでスライドさせながら見つけてね。

 

クリックすると、種類って文字の下にも

\#,##0;[赤]\-#,##0

が表示されてるかなぁ~

ここが入力場所だよ。

 

ハイフンの入力

ここに表示されている0(ゼロ)の後ろに-(ハイフン)を入れてね。

半角で入れてね。

サンプル

ちゃんと入力出来ているかは、種類の上のサンプルでわかるよ。

表示にハイフォンがついていればOK(^^ )

サンプルの表示で良ければOKボタン押してね。

エクセルシートを確認して、ハイフンがついていれば成功~♪

 

最後に

今までハイフン入れられなくて困ってたら、もう大丈夫だね。

意外に知らない人多いから、これ覚えたらさりげなく自慢してね~♪

今回ハイフン入力した表示形式は、ハイフン以外でも便利に使える所だから覚えておくとすご~く便利だよ。

 

興味があったら、時間があるときにいじってみると面白いよ。

間違えたときや、保存したくないときはキャンセル押せば大丈夫だからね。