エクセル

初心者向け!エクセルの機能を使って、簡単に曜日を表示させる方法

 

 

こんにちは(^O^)♪ tokoです。

 

エクセルの機能を使って「日付と一緒に曜日も入れたい」

でも、どうやって曜日をいれたらいいのか分からない。

簡単に入れられないかなぁ~って思ってるあなたに

 

曜日を入れる設定の方法を説明します。

曜日の入れ方が分からないって人は参考にしてね。

スポンサーリンク

 

 

曜日を入れたいセルを選択

 

青文字のように日付に曜日がつくように設定していきます。

曜日を入れたいセルをクリックしてね。

ここでは黒字の12月25日に曜日をいれていきます。

 

セルの書式設定

セルの書式設定を開きます。

 

 

セルの書式設定はどこにあるかと言うと方法は2つ。

・ホームの赤丸の所をクリックする

・右クリックする

どとらでも使いやすいほうで開いてね。

 

 

表示形式

セルの書式設定の中の、赤枠で囲った「表示形式」をクリック。

分類

日付

分類の中の「日付」をクリック。

 

ユーザー定義

分類の一番下の「ユーザー定義」をクリック。

 

種類

右側の「種類」の中から

[$-411]ggge”年”m”月”d”日” をクリック

見当たらなかったら、右側のスライドバーをスライドさせて探してね。

 

「日付」をクリックしたのは、[$-411]ggge”年”m”月”d”日” を探しやすくするためだよ。

 

曜日の設定

種類の文字のすぐ下にも、さっき選択した

[$-411]ggge”年”m”月”d”日” があるでしょう。

ここで曜日の入力していくからね。

 

[$-411]ggge”年”m”月”d”日” の後ろに(aaa)と入力してね。

[$-411]ggge”年”m”月”d”日” (aaa)

小文字でも大文字でも大丈夫。

 

サンプルで確認

入力したのがどう表示されるかは、種類の上のサンプルで確認できるよ。

曜日を入れる前。(aaa)と入れる前は、平成29年12月25日の表示。

 

曜日を入れた後。(aaa)の入力をした後。

平成29年12月25日(月)の表示になっているでしょう。

よかったらOK押してね。

 

数式バーで確認

エクセルの機能で入力されたかどうかは、数式バーで確認できるよ。

最初から入力されていた、平成29年12月25日(月)の文字は手打ちだから、数式バーは文字とおなじでしょう。

 

機能を使うと、数式バーは 2017/12/25 で表示が違うでしょう。

もし違う表示になっていたら、もう一度 12/25 といれ直して数式バーを確認して

2017/12/25 の表示になっていればOK

 

 

最後に

 

曜日の入力方法は、手打ちにすると曜日を間違えたりするけど、機能を使うと絶対間違えないよ。

私がこの方法を知った時は嬉しくて、何にでも曜日入れちゃった(笑)

仕事でよく日付と曜日を入れるんだけど、手打ちで曜日を間違えたりしてたからね。

 

今回は、平成29年12月25日(月)って表示にしたけど、

12/25木でも12月25日(木)でも自由に変えられるよ。

( )がいらなければaaaだけ入れればいいからね。

 

ユーザー定義でどれを選択するかで、表示が変わってくるから試してみてね。

覚えておくと便利だよ。

曜日はaaaだよ(笑)

 

エクセルで金額の後ろに横棒(ハイフン)を付けたい!エクセル機能でつけられるよ~♪

0を表示しない方法!エクセルで計算式を入れたままでも0を表示させない方法!