エクセル

今日現在の年齢を表示する方法!エクセルの「DATEDIF」関数

 

こんにちは(^O^)♪ tokoです。

 

会社で作業ごとに名簿を出したりするんだけど

年齢をいちいち確認するのが面倒なんだよね。

 

優秀なエクセルさんなら

簡単に今日現在の年齢が分かるような関数絶対あるはず

そう思うよね 笑

 

実はあるんですよ。

私が実際に使っている、今日現在の年齢が出せる「DATEDIF」関数を紹介します。

知らない人は参考にしてね。

 

スポンサーリンク

 

年齢を求める「DATEDIF」関数

関数って聞くと、何だか難しそうって思うかもしれないけど

そんなに難しくないから安心してね。

最初にこの関数を入力しておけば、今日現在の年齢が一目で分かって

いちいち年齢表を見ることもないし、間違えもないよ。

 

今日現在の年齢を求める名簿などを用意してね。

この名簿の赤枠「本日の年齢」が表示されているでしょう。

ここに「DATEDIF」関数が入れてあるよ。

 

基準となる日付

名簿の中に、基準となる日付を必ず入れてね。

いつ現在にするのか?

今日現在なら今日の日付をいれてね。

 

今日の日付なら、TODAY関数で入れると毎日更新されて、その都度入れる手間はないよ。

今日の日付を入れたいセルに

=TODAY()

これを入れるだけ、今日の日付は表示されるよ。

 

生年月日

生年月日も名簿の中にいれてね。

これがないと今日現在の年齢がだせないからね。

間違っても手打ちで「昭和48年1月25日」なんて入れないでね。

1973/1/25と入ってないと、エラーになっちゃうからね。

表示の仕方はお好みで変えてね。

 

「DATEDIF」関数の入力

準備はOKかなぁ?

いよいよ「DATEDIF」関数を入力していくからね。

「DATEDIF」関数の式を説明するね。

=DATEDIF(開始日、終了日、”単位”)

これが式だよ。

 

私の名簿で言うと

開始日 → 生年月日(青枠)B5

終了日 → 今日の日付(グリーン枠)C3

単位 → ”y”(満年数)

 

 

赤枠に入っている関数の式は、ピンク枠の中の式だよ。

これを入力していくからね。

 

年齢を表示させたいセルをクリック。

そこに入力していくよ。

 

=DATEDIF(

と半角で打ってね。

 

カッコの中を入れていくね。

カッコの中に入れる項目は3個

それぞれを ,(カンマ)で区切っていくからね。

 

画像の B5 は、生年月日(開始日)

名簿の年齢を出したい人の生年月日をクリック。

=DATEDIF(B5,

 

次に、$C$3 は、今日の日付(終了日)

いつ現在にするかを入力した日付をクリック。

クリックすると C3 と表示されるんだけど、いつ現在にするかは他の人も同じなので、参照する場所を固定するために 行と列の前に $ を付けるんだよ。

後でコピーしたときに参照する場所がずれないようにするためだよ。

 

余談だけど、これを「絶対参照」

逆に、セルの位置が変わるようにセルを参照することを「相対参照」というよ。

 

エクセルさんは優秀だから、コピーしたときに自動で変更してくれるんだけど

時には、参照する場所をで変えてほしくない時もあるでしょう。

そんな時に「絶対参照」$ を使えば、セルの位置はずれないよ。

 

日付をクリックした後に、キーボードの上部にある F4 を押してみて。

C3 が $C$3 になるよ。

=DATEDIF(B5,$C$3,

 

最後に、”Y” は、満年数のこと。

=DATEDIF(B5,$C$3,”y”)

 

今回は満年数で出していくね。それ以外は下の表を参考にしてね。

 

ENTER 押して終了。

指定したセルに今日の年齢が表示されたでしょう? 笑

 

数式を他のセルにコピーする

今度は、数式を他のセルにコピーしていくね。

数式が入ってるセルをクリック。

セルの右下にマウスを合わせると黒色の+が出てくるから

そこを名簿の下までドラックしてね。

これで本日の年齢は全て入ったでしょう 笑

 

最後に

今回は、今日現在の年齢をエクセルの「DATEDIF」関数で求める方法の説明でした。

いかがでしたか?

 

エクセルの関数って難しいイメージあるんだよね。

私には使えないかも?なんて前は思っていたよ 笑

 

でも、今日現在の年齢なんて作成した名簿見たらすぐ分かるし

一度数式入れたらその都度入れることないから

使って見ると便利なんだよね 笑

 

数式って何を入れるのかが分かると、以外とわかりやすいと思うよ。

良かったら使って見てね 笑